外壁塗装すべき10のタイミング | 外壁・屋根塗装リフォーム|大阪を中心に兵庫、奈良、滋賀、和歌山で施工

メールでのご相談 0120-982-069

【時間】9:00-20:00【休日】日祝

外壁塗装すべき10のタイミング

「外壁塗装はいつやるべきなのか?」

「見分けるポイントなどは無いの?」

 

このように考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こんにちは、大阪府岸和田・泉州地域の【外壁塗装専門会社】 イマジエイトの奥田です。

 

外壁塗装のタイミングとして、10年に一度と言われていますが、あなたのお家の状況によってはそれよりも早く施工した方がいいケースがあります

ここでは、カンタンに見分けることができる外壁塗装のタイミングについて10の事例をご紹介します。

 

外壁塗装を実施すべき10のタイミング

 

1. 外壁にヒビが入っている

外壁にヒビが入ると、見た目としても美しくありませんが、強度や防水性なども低下している状況です。

 

2. 塗装が剥がれている

適切な塗料を使用していない場合などに発生します。

外壁本来の機能を果たすためにも、塗装するべきです。

 

3. 外壁にひどい汚れがついている

外壁の美しさが損なわれている状態です。

あなたのお家で最も目につく部分なので、すぐに施工してあげましょう。

 

4. 外壁が色あせてきている

こちらも美観に関わってきます。

 

5. 塗装が膨らんでいる部分がある

湿気などが建物内部に入ってしまうと起こってしまう現象です。

外壁の腐食などにつながってしまうため、こちらも出来るだけ早い工事が必要です。

 

6. カビが生えている

コケなどを放置していると生えてきます。

美観を著しく損ねてしまいます。

 

7. 藻が発生している

こちらも美観を損ねてしまいます。

 

8. サビがある

外壁にサビが生えるケースがあります。

 

9. 腐食している部分がある

建物の劣化がかなり進んでいる状態です。

早急な工事が必要です。

 

10. 触ると手に白い粉が付着する

いわゆる「チョーキング」と呼ばれる現象です。

塗料の防水効果が低下することによって発生します。

 

まとめ

あなたのご自宅の外壁で、以下のような症状が見られた場合は、一度業者に診てもらうといいでしょう。

  1. 外壁にヒビが入っている
  2. 塗装が剥がれている
  3. 外壁にひどい汚れがついている
  4. 外壁が色あせてきている
  5. 塗装が膨らんでいる部分がある
  6. カビが生えている
  7. 藻が発生している
  8. サビがある
  9. 腐食している部分がある
  10. 触ると手に白い粉が付着する
© 2019 外壁・屋根塗装リフォーム|大阪を中心に兵庫、奈良、滋賀、和歌山で施工 株式会社イマジエイト All Rights Reserved.