塗料の種類・特徴 | 外壁・屋根塗装リフォーム|大阪を中心に兵庫、奈良、滋賀、和歌山で施工

メールでのご相談 0120-982-069

【時間】9:00-20:00【休日】日祝

塗料の種類・特徴

「ウレタン系塗装や、シリコン系塗装など違いが分からない」

「外壁塗装で使われる塗料には、どんな種類があって、どんな特徴があるの?」

 

これから外壁塗装を考えている方にとって、このような疑問を抱かれる方も多いかと思います。

 

こんにちは、大阪府岸和田・泉州地域の【外壁塗装専門会社】 イマジエイトの奥田です。

ここでは、イマジエイトで使っている塗料を中心に、それぞれどのような特徴があり、どういった違いがあるのかをご説明いたします。

 

イマジエイトでは3つの塗料を使用

イマジエイトでは、主に以下の3つの塗料を使っております。

  • ウレタン系塗装
  • シリコン系塗装
  • フッ素系塗装

まずは一つずつの特徴を見ていきましょう。

 

ウレタン系塗料とは?その特徴やデメリット

ウレタン系塗料とは、ウレタン樹脂を主成分とする塗料のことを指します。

 

特徴

価格・耐久性・機能性などのバランスが取れており万能塗料とも呼ばれているのが特徴です。

 

デメリット

耐久年数は8?11年程度で、後述するシリコン系塗料に比べると少し劣ります。

防汚性や紫外線への抵抗力など、他の塗料よりやや劣る点も見られます。

 

シリコン系塗料とは?その特徴やデメリット

シリコン塗料はアクリル系塗料の一種。

フッ素系塗料に次いで、グレードの高い塗料です。

 

特徴

耐久年数は12?15年とウレタン系塗料に比べると長く美しさを保ちます。

またコストパフォーマンスの高い商品であることも特徴と言えます。

 

デメリット

ウレタン系よりも値が張ること、また後述するフッ素系塗料に比べると機能性などが劣ります。

 

フッ素系塗料とは?その特徴やデメリット

フッ素系塗料とは、外壁塗料に使われる塗料のひとつで、三種類の中では最も高いグレードの商品です。

 

特徴

三種類のうち、耐久性が最も高く(15?20年)、外壁も長く美しく保つことが出来ます。

航空機などの塗料としても使用されています。

 

デメリット

高い機能性を持つ反面、価格が高いということがデメリットと言えます。

また、市場の流通量の少なさもデメリットとして挙げられるでしょう。

 

ウレタン・シリコン・フッ素系塗料の違い

塗料名 価格 耐久年数 特徴
ウレタン系塗料 8年?11年 低価格でバランスの取れた塗料。
シリコン系塗料 12年?15年 コストパフォーマンスが高く、人気のある塗料。
フッ素系塗料 15年?20年 航空機に使われるなど機能性・グレードともに高い。

 

実際にどれくらいの金額で出来るのか気になる方は、金額ページをご覧ください。

 

迷う場合は一度ご相談ください

どの塗料があなたにとってベストなのか、迷う場合は一度ご気軽にご相談ください。

© 2019 外壁・屋根塗装リフォーム|大阪を中心に兵庫、奈良、滋賀、和歌山で施工 株式会社イマジエイト All Rights Reserved.